資産を断捨離する!

土地資産の整理を考えてみます。
まず、3分類します。

  1. 直ぐにも整理しなければならないもの
  2. 時期をみて整理するもの
  3. 最後まで所有するもの

1.直ぐにも整理しなければならないもの
地上権の設定がされている貸土地がこれに当ります。
所有権が有るからと言って、所有者の意思だけではどうにもなりません。
地上権を買い取るか、底地権の売却になります。
当初、土地だけを貸したつもりが、プレハブ事務所を建てる事を許可したばっかりに、その建物が登記されてしまった!等のケースもあります。こういう地上権もありますから要注意です。

2.時期をみて整理するもの
不要不急の土地。
土地に係る経費(固定資産税や除草費用)からみて、その土地から上がる収益が少ない場合はこれに当ります。
売却した資金で、収益性の高い資産に組み替える等も有効な手段です。

3.最後まで所有するもの
自宅や店舗、作業場とか生活の基盤になっているものがこれに当ります。

この「断捨離」は発生するだろう相続税の支払い、遺産分割等も含めて考えることが重要ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です