ボランティア活動して来ました!

久々に日本で開催された国際大会、オリンピック競技でもあるセーリング競技、その一つの種目でもあるレーザー級の世界選手権大会が鳥取県の境港市で開催されました

鳥取県と言うと東北では馴染みの人は少ないかもしれませんが、ヨット(セーリング競技)では先進県なのです。
「スタバは無いけど、砂場はある!」と県知事さんが発言し、有名になった県でもあります。
その鳥取・境港市で開催された国際大会です。

レース自体の運営については、中国地方の近県から多くのスッタフが入ってくれましたが、私が行ったのは「Laser Cafe」と言って、出艇前やレース帰着後にエネルギー補給として提供する食事の提供です。
約200人分の食事を準備する訳ですから、殆ど業務系の分野になります。
地元スタッフだけではメンバーが足りませんので、全国からもスタッフを募集しました。
北は北海道、南は九州からも集まってくれました。

金銭的にも多くの支援を頂きました。
また、物品での応援もして頂きました。
出来る人が、出来るかたちでの支援のお陰で、この大会は無事に成功!外国選手や国際役員にも高い評価を頂きました。

東日本大震災の折、私達はヨット仲間から数多くの支援を頂きました。
いち早く、復興できたのも、皆さんの支援のお陰でした。
私は、10日余りのボランティアでしたが、幾らかでも恩返しが出来たのであれば幸いです。

他の写真はこちらのサイトの載せました!

不審者対策

アパート管理していますと、稀に近所に不審者が出た!という話を聞きます。
不審者は何の目的で、自分の裸を見せたり、玄関前にお土産?を届けたりするのでしょうか?
裸を見せる人は自己顕示欲と言ってしまえば簡単なのですが、騒がれる事を喜んで居るのでしょうか?
では、玄関前にお土産を置いて行く人は何を考えて居るのでしょうか?
置かれた人は、ホント気持ちが悪いですよね!
嫌がらせが目的なのでしょうか?
警察に動いて貰うには、犯人を特定する必要がありますが、一般の方が身に覚えも無い事に対して特定するのは困難です。

不審者対策

留守の時や、就寝時に対応するには、やはり防犯カメラが有効になりますが、アパートなどでは他の入居者が嫌がる傾向もあります。
対応に苦慮する処です!