やっぱり、仙台駅が徒歩圏のマンションにしました!

先日の後日談です。

仙台駅が徒歩圏のマンションをリフォームしてオーナー自身が住む予定でしたが、どうしても狭いという事でマンション売却の相談を受けました。
オーナーの年齢を考えると車に頼る現在の郊外一戸建ての生活はリスクが高く、マンションに居住した方が良いのではないでしょうか?とアドバイスしておりました。

家族と再度相談した結果、やっぱりマンションにするという結論を出されました。
アドバイスの通りになった訳ですが、お仕事はちょっと遠退いてしまいました。

「2019年問題」「不動産」で検索したら・・!

今後、不動産価格は下落するという記事が殆どでした!
皆さん、こんな意見が多い不動産市況ですが、どう思われますか?

「賃貸派か?」「所有派か?」でも色々議論されています。
色々、シミュレーションも行われている内容を見ますと、家賃は同額としているのですが、更新料などを計上して「所有=賃貸」としているケースが散見されます!
でもね!今後は家賃が下落して行きます。何故なら空家率が上昇の一途なのです。
これからの時代、支払総額では絶対賃貸が有利になります。
それでも所有する意味はなんでしょうか?

固定資産税の評価額がおかしいと思ったら!

固定資産税の評価額が急に上がったりする事があります!

仙台市の中心部にある土地の固定資産税評価額が突然上がった事がありました。
不思議に思い行政側に問い糾したところ意外な回答がありました。
「隣の建物と連続しており、一体評価した」というものでした。

何故「一体評価」したのか?
それは以前、建物と隣の建物の間に30cm程の空間がありましたが、建物のオーナーが改装の折に、見栄えが良くなる様に目隠し板を建物の外壁と同じ材料で取り付けた為でした。

当然、不服審査を申し出て従前の評価額に戻してもらいました。

地方自治体は財源確保のため、皆さんの不動産を監視しています。
何かおかしい!?と思ったら、問い合わせてみましょう!

スマホ決済を使ってみた!

スマホ決済はいろんな会社が行っており、LINEPayやPayPayなどが有名です。
決済方法も各種あり、スマホに表示したバーコードを店頭で読み込んで貰う方法が簡単で便利です。
コンビニではファミリーマートのスマホ決済対応が進んでおり、小銭不要の決済は本当に便利です。

又、店頭に掲示してあるQRコードを自分のスマホで読み取り、代金を打ち込み支払う「スキャン支払い」もあります。
この方法は設備投資も不要で小規模な店舗や、一人で店頭販売する時にはとても便利なシステムです。
我社でも、早速このシステムを取り入れました。

PayPayの取扱いを始めました!

 

 

 

 

 

 

 

このスマホ決済は単なる支払いだけでなく、個人宛てに送金したり、銀行口座に出金したり、いろんな事がスマホだけで出来る時代になりました。

今迄、この様な事をしますと、銀行の送金手数料が掛っていたのですが、その手数料がタダ、若しくは格安に出来る様になります。

ビットコインだけでなく、スマホ決済も銀行業務を縮小させてしまう「通貨革命」と言えそうです。

仙台の賃貸市場も激変していますが、金融市場も大混乱が予想されます。