何で住宅を買うんだろう??

日本は今、GDPが殆ど上がっていません!
(収入も上がってませんが・・・)
GDPは国の裕福度を表す指標にもなっているのですが、上がっていないと言うことは裕福になっていない事にもなります!

そんな日本ですが、国内の幸福度ランキングを観ると、コロナ感染者数の少ない地域と幸福度が高い地域がほぼ一致します。

これは何を意味するのでしょうか?

不動産価値は何で計る?
利用する人が少ない不動産は価値が低い!

全国を旅していますと、地方には立派な住宅、綺麗な街並みを良く見掛けます。
一方、都会には狭小地に目一杯の建てたパワービルダーの建物が目立ちます。

日本は核家族化を推進し、持ち家制度を進めてきました。
景気浮揚策の面もあり、所得の少ない人でも家が買えるように新築優遇税制を初め、35年返済や50年返済制度なども設けてきました。
家を購入すると、家電や家具を購入しますので、一時的にはGDPは上がるのですが、収入が増えない現在に於いては、その収入の大きな割合が返済に廻り、心を豊かにする消費にはお金が回らなくなってしまいました。
勿論、GDPは上がりませんよね!

家を持てた喜びも束の間、返済に苦慮する生活の始まりでもありました。
コロナ禍の現在、収入減少によるローン破綻も急増しています。
以前、こんな記事(「家賃並みの支払い(ローン)」という落とし穴)を書いています。合わせてご覧下さい!
そんなローンに縛られる捨て、新しい生活の提案です。

仙台市の中心部から車で1時間圏内には中古の一戸建ての物件が結構あります!
中には広い庭や畑の付いた物件もあります。
そんな物件でも、300万円程で買えるものもあります。

平日は通勤に便利な処で賃貸住宅で生活し、週末には郊外の一戸建てで生活!
そんな生活は如何でしょうか?
空き家が増加している昨今、賃貸住宅の賃料は殆ど上がっておらず、家賃交渉の出来る物件も増えています。

前述の幸福度の高い地域には3世代、4世代での生活が多く見られます!
若夫婦、夫婦の所得を合算すれば、世帯年収は1,000万円を超過するでしょう!
お祖父さん、お祖母さんが家に居れば、孫が鍵っ子になる事もないでしょうし、お祖母さんも張合いあるでしょう。
年金とか、介護とかが心配な今こそ、そんな大家族を必要としていると思います!
そして、幸福度アップです。

仙台市の認定道路!

自宅の敷地はどんな道路に面していますか?
公道と私道では大違いです!
公道であれば維持管理は自治体がやってくれますが、私道はその所有者が自分達でやらなければなりません。
当然ながら、私道に面する土地より、公道に面した土地の方が価値は上がります。

そんな道路の確認がインターネットを介して、誰でもが確認する事ができます。
「仙台市、道路地図」で検索すれば容易に辿り着き確認する事ができます。
その他にも、用途地域、ハザードマップ、過去の浸水地域、等も確認できます。
本当に便利な時代になりましたね!

不動産を購入する場合、重要事項説明の際ちゃんと不動産取引士が説明してくれますが、事前に知っていると説明が、すんなりと出来る筈です。

Home Pageで何か起きている!?

WordPressと不動産PlugInを利用し、自分でホームページを構築していますが、最近アクセスが急増しています!
ホームページを見た!というお客様から、お問合せで物件案内をした折にホームページに辿り着いた内容をお聞きすると、ホント参考になります!

今迄のページビューは1日平均が100程度であったものが、200オーバーの日が月に30%を超えて来ています。

検索エンジンは有益コンテンツを高く評価し、重複情報に付いてはポイントを下げている様です。
以前は、何処からでも検索に掛かる様に各種のポータルサイトに自動掲載される様にリンクを張っていたのですが、最新の検索エンジンは重複情報と判断する様です。

当社のホームページを見て貰えば分かりますが、物件情報は専任物件のみだけです。
ブログに重点を置き、お客様にとって有益情報を多く取り上げています。

同業者の皆さん、情報はたくさん出せば良い時代では無い様ですよ!
では、どうすれば良いか?どんなHPにしたら良いか?と思ったら、以下のフォームから連絡ください!
良い処をご紹介します!

コロナの今、色んな場面で時代が代わって来ている様です!

ものが動かなくなっている昨今、企業の売上げは当然の様に下がっています!
残業も無くなり、三密を避けているので、飲食店での接待も無くなってしまいました。
そんな状況に置いて企業の決算はどうなったと思いますか?
「減収・減益」かと思いきや、思いがけず経費が減った事により、結果的に「は減収・増益」になったそうです!

今まで、サラリーマン社長は前年同期比を気にする余り売上げ至上主義でした。
その結果は絶対と思われていた大企業ですら、連続の赤字計上となり一部上場から転落したり、企業売却に至っている事は皆さんもご承知の通りです。

今回のコロナ感染拡大に寄って色んな事を体験しました!
テレワークや、オンライン・ミーティングが当たり前になりました。
不動産の物件案内もオンライン!契約行為もオンライン!契約金の授受もスマホ決済が可能となりました。

今まで、不動産物件をたくさんポータルサイトの載せていた会社も問合せは激減し、検索サイトからも見向きもされなくなってしまいました!
先日来社されたお客様もGoogleは良く利用するも、広告と思われるサイトは見向きもしないそうです。
人の目に触れさせようとしてお金をかけたそんな行為が、逆の効果となってしまっています。
(方や宣伝・広告費を掛けずに集客している企業も有ります!「そんなの有るの??」と疑問を持たれましたら下のフォームからお問い合わせ下さい)

報道に寄りますと、全国の地価下落が始まっている様ですが、仙台の不動産は堅調なのか地価下落は未だ起きていない様です!(データは過去のものですので、実際は始まっている??)

今まで、仙台港周辺の大型土地は好調だった流通業に支えられ、空き地は見られませんでしたが、コロナ感染が拡大すると共に流通が停滞し、その結果大型トラックの駐車場だった処にも空きが目立つ様になって来ました。

取り留めの無い事を書いてしまいましたが、時代が変わって来た事は事実の様です!